物語の思考法

~2次元と3次元をつなぎたい~

ポケットモンスター バイオレット 感想 「ポケモンはやっぱり面白い。けど調整不足が気になる」

ポケットモンスター バイオレット -Switch


ストーリークリア、図鑑完成、対戦もマスターボール級まで到達した。一区切りつける意味で感想をまとめておく。

 

前作のアルセウスは剣盾以上に広大なフィールドにポケモンが存在していたり、個人的にはだるいと思っていたポケモンの戦闘システムが早業力技と追加要素など、いままでのポケモンからわかりやすく進化していた部分が多かったのでクリア後も含めてめちゃくちゃ楽しめた。不満はライドポケモンの切り替えや写真屋や服の切り替えなどのUIの調整くらいだった。そんな感じでアルセウスのおかげでポケモンの熱が復活していたのもあり、今作は本当に楽しみだった。

 

今作はバイオレットを購入。結果としては概ね楽しめた。けれどすでに知れ渡ってるように調整不足やswitchのスペック不足の部分が目立ってた。でもポケモン自体の面白さでなんとか楽しさがプラスになった感じのポケモンだった。

 


ポケモンはやっぱり面白いけど・・・

色々不満な部分は多かったけど、まずはプラスな部分から書いていく。

 

まずは新作のポケモンだけあって、やっぱり新しいポケモンがフィールドにいるとものすごくワクワクした。オープンワールドになったせいで(せいで、という表現になってしまうのが残念なのだけど)、アルセウスほどぬるぬる動いてくれてはいなかったけど、フィールドのポケモンアルセウスよりも生きている感じがあった。

 

ハネッコ。よく見るとちゃんと体毛がある。葉っぱも葉脈までちゃんとある。

 

剣盾あたりから襲ってくるポケモンとおとなしくて近づいても何もしないポケモンといった違いはあった。アルセウスだといろんなポケモンがフィールドで動き回っているのは楽しかったけど、アルセウスの仕様上逃げてしまうポケモンも多かったり、そもそもそこまでフィールド上でのパターンも少なかったので、フィールドでポケモンをじっと見るということはあまりなかった。基本的に捕まえてから観察する感じだった。

 

今作だとバトルなしでボールを投げてポケモンを捕まえることができない。ある意味これまでのポケモンの仕様が戻ってきたので、フィールドのポケモンが逃げないことが多かった。可愛いポケモンをフィールド上でじっくり眺められるのはかなりプラスだった。じっくりみてみると体毛のようなものがうっすらついていたり、定期的にアピールしてくれるのでみているだけでも楽しかった。今でもじっくり眺めることがある。

 

※ グレイシア(一番好きなポケモン)。ピクニックだとどうしても寝ていたり、動き回ってることが多い。なので先ほどのハネッコのような真正面を見たいときはフィールドにいるポケモンの方がやりやすかった。

 

ポケモンの動作もポケモンごとの個性がちょっとずつ出ている感じがあった。わかりやすいのが風に飛ばされるハネッコやプリンとか、近くにきて踊ってくれるキルリアとか、雨で溶けるスナバァとか。ダッシュで逃げるラッキーとか、木の上にじっとしているフォレトスとか、いろんな個性があって面白かった。個人的に残念なのが、ブイズの進化系がフィールド上にいるけどブイズたちは突っ込んでくるか逃げちゃうかの二択だったので、もう少しじっくりフィールドで眺めたかった。

 

あとはオープンワールドは処理落ちとか色々あるけど広いフィールド自体は良かった。探索しながら物を拾って、塔に登って遠くの景色見てあっちいこうとか考えるのは楽しかった。やっぱりこういう要素がオープンワールドの良さなんだなと、エルデンリングやアルセウスの探索と似た面白さを感じられた。


以降はマイナスポイント。
まずはストーリーのルートについて。3ルートの順番も結局敵の強さが決まっているので、必然的に戦う順番がある程度決まっていた。しかも真ん中にパルデアの大穴がある時点で右回りか左回りしか選択肢がない。左回りか右回りをして、敵の強さ的に最後に北にいくルートしかなかった。

 

また何より捕まえられるポケモンの捕まえやすさがジムバッジの数で決まる仕組みはかなり不満だった。自分は町を無視していろんなところを先に回っていたのだけど、その時にやけに捕まえにくくなったなと思っていた。この仕組みに気づいた時は自由といいつつなんだかんだで制限をかけている部分にムッとした。このせいでなかなか捕まらず嫌いになったポケモンがいるんじゃないか。僕はこのせいでバスラオが嫌いになったのだけど。

 

次に処理落ちの件。BoWやアルセウスでできていたことがなぜできないのかとは思うけど今作はアルセウスの時以上に頑張ってフィールドに色々表示しすぎている感じはあった。最近改めてアルセウスを起動してみると、表示される木や草は自分の近くのもののみ表示していた。移動のたびに頻繁に木や草をレンダリングしているので、本当にswitchで処理落ちしないように調整していたんだなとバイオレットとの差を感じた。

 

今作は発売を優先して最適化しきる前に発売してしまった感が大きいのではないのか。序盤の初登校後の教室のムービーで生徒があきらかにカクついている。これを開発時やテストプレイで気づかなかったわけがないので、本当に納期までの時間がなかったのかも。

 

けれど調整が足りなかったのはもちろんあるとしても、それでもいろんな要素が多いので調整するにも限界はありそう。表示されるポケモンの数もアルセウス以上というのもありとにかく処理するものが多い。これはもうポケモンのやりたいことにswitchの性能が追いついていないとしか思えなかった。なので根本的な解決はswitch proに期待するしかなさそう。

 

他にはオープンワールドの弊害でそれぞれの街の施設が削られまくっていたのは悲しかった。どの街に行っても中に入れない建物が多かったり、入れたとしてもチェーン店ばかりでばかりで何も面白くなかった。今作は服が変えられずにアクセサリー程度なので、街にブティックとかも一部しかない。まず間違いなく最もワクワクしない街たちだった。おかげでどの街に全く思い入れがない。これは町の施設を作るほどの開発の時間やリソースがなかったのかな。

 

あとはレッツゴーと、レッツゴーを使った団バトルが致命的につまらなかった。ボタンを押してからワンテンポ遅れてポケモンが登場するので、いまいち使いずらい。このせいで団バトルでは常に動作がもっさりしすぎるし、そもそも制限時間もゆるすぎるので、ひたすら適当にボタンを押すだけのゲームになっていた。ただわざマシンの材料を集めるにはレッツゴーが最速なので仕方なく使っているけど、流石にもうちょっと滑らかにして欲しかった。アルセウスの時くらいぬるっとポケモンが出るようにして欲しい。


まとめるとオープンワールドやレッツゴーなど新しい挑戦はあったけどそれが処理落ちや調整不足のせいでいいところにはつながらず、面白い部分は今までのポケモン良さのところだった感じ。不満な部分もバグや処理落ちがなければもっと面白かったことは間違いない。不満は多かったけど楽しかった部分も多かった。こんなにバグだらけでもポケモンというだけで初動最高売上本数達成しちゃうのだから、さすがはポケモンという言葉しか出てこない。

 

次回作では同じことをしないことを願いつつ、1年に3本もポケモンを出す無理をせず、switchの性能の件は全switchユーザーの代表として任天堂に圧をかけて欲しい。そしてなにより現状の処理落ち等のアップデートを期待したい。

 

図鑑の完成はしやすかった。

自分はゲームは一人でやることが多いので、毎回ポケモンは図鑑完成がツラい。ポケモンを買った友人を探し、予定を調整して交換してもらうのがめんどくさい。コミュニケーションの一端になっているので必ずしもマイナスではないのかもしれない。けどゲームくらい自分のペースで進めたい派なので、ポケモンの2バージョン商法についてはあまり好きではない部分の一つ。その点でいえば前作のアルセウスはソフト1本でやり込めば全て完成できるからそこが好きなポイントだった。

 

今作はレイドバトルのおかげで違うバージョンのポケモンやゲンガー、ハッサムなどの通信交換のポケモンも手に入るので比較的揃えやすかった。おかげで自力でコライドン以外は揃えることができた。流石にそのコライドンだけはミライドンと引き換えだったので、これは友人に交換してもらった。パラドックスポケモンは例の交換方法でなんとかした。

 

次回作は1本だけ、もしくは1本で完結できるようにならないものか。最悪もう一本買うのは構わないのだけど、Switchをもう1個買うのはちょっと躊躇う。お金の問題よりswitchが2つ必要なゲームなんてポケモン以外にないので、ポケモンのためだけにswitchを買わないといけないという部分が引っ掛かる。まあポケモンはそういうゲームということだからしょうがないということでこの話は終わりなんだろうけど。

 

通信対戦について

ポケモン熱が復活したアルセウスは通信対戦がなかったので、今作では通信対戦をやってみたかった。結果としてマスターボール級まで行けたのでこれはかなり達成感があった。本音をいえばグレイシアじゃなければもう少し楽なんじゃないか・・・というのが感想。グレイシア可愛いしクールなところが好きなのだけど、バトルなんでもこなせるほど強くはないのだった。

 

通信対戦の経緯は書くとめちゃくちゃ長くなったので、別の記事にあらためてまとめる。穴は多いですがグレイシア好きの参考にパーティだけ載せておきます。

 

 

※ 追記 対戦についてまとめた。

 

まとめ

ポケモン自体は面白かったけど、最適化不足とswitchの性能の限界を感じた作品でした。満足度で言えばアルセウスの方が良かった。アルセウスを期待して買ったので序盤は処理落ちの連続でかなりがっかりしたけど、後半はだいぶ慣れた。


今作の第一印象が微妙な人がほとんどだと思うので、DLCを出す前に最適化やバグ修正をして快適なプレイができるようにして欲しい。ポケモンがやりたいこと自体は間違っていないと思うので、あとはswitchの性能と納期の調整を頑張って欲しい。

 

最押しはグレイシアだけど、今作の新ポケモンの中ではみんな大好きのデカヌチャンがよかった。ストーリー攻略中にカヌチャンに出会ってはがね、フェアリータイプな時点で可能性を感じた。ハンマーの上で寝るワイルドさが良い。

 

色々書いたけど、DLCは間違いなく買う。まずは快適さに対する大型アップデートに期待しつつ色々待ちたい。DLCではマホイップの実装を期待・・・だけどフィールド上にクリームがおいてあるのは想像しづらいので可能性は低い気はしている。